Definition of 衛星 (えいせい)

えいせい

衛星

えいせい

eisei

noun
1.
(natural) satellite, moon(astronomy term)
2.
(artificial) satellite
See also:人工衛星
Related Kanji
defense, protection
star, spot, dot, mark
Example sentences(showing 13 results)

えいせい
衛星
いま
どう
軌道
The satellite is now in orbit

えいせい
衛星
なか
ばくはつ
爆発
しょうと
衝突
もの
Some satellites have exploded or collided

つき
ちきゅう
地球の
ひと
一つ
えいせい
衛星
The moon is the earth's only satellite

えいせい
衛星
つき
まわ
周り
どう
軌道
The satellite is in orbit around the moon

つき
ちきゅう
地球の
えいせい
衛星
The moon is the Earth's satellite

つき
ちきゅう
地球の
えいせい
衛星
The moon is a satellite of the earth

もくせい
木星
しゅうへ
周辺
ちい
小さな
わくせい
惑星
ケプラー
がいしゅつちゅう
外出中
おう
まわ
回り
かこ
取り囲む
えい
護衛
えいせい
衛星
The smaller planets hovering around the planet Jupiter reminded him of the guards surrounding a king when he walked outdoors, and Kepler called them satellites

ちきゅう
地球
まわ
回る
どう
軌道
じょ
えいせい
衛星
How many satellites have been put into orbit round the earth

じんこう
人工
ちきゅう
地球
えいせい
衛星
つう
普通
うちゅう
宇宙
たんきゅ
探求
おこ
行われる
The launching of artificial earth satellites is commonly looked upon as an exploration of space

What various meanings can you find for the word "satellite"

だい
古代
かね
金持ち
ゆうりょくし
有力者
まち
ある
歩く
とき
かれ
彼らの
まわ
周り
えい
護衛
えいせい
衛星
In ancient Rome, the bodyguards who surrounded the wealthy and powerful to protect them when they walked the streets, were called satellites

アドラステア
もくせい
木星
39
えいせい
衛星
ひと
一つ
もくせい
木星
ばん
2番目
ちか
近い
えいせい
衛星
Adrastea is one of the 39 satellites of Jupiter and is the second closest to Jupiter itself

えいせい
衛星
ちきゅう
地球の
どう
軌道
10
しゅ
The satellite made 10 orbits of the earth